うしブログ

うしブログ

趣味で運営する、GeoGebraの専門ブログ。

(作業メモ)StartPoint要検証(2行の場合;テキスト変更時未定義問題)

点がパス上にあるか否かを表す真偽値オブジェクト

点が領域内にあるか否かを表す真偽値オブジェクトは、 IsInRegion[ <点>, <領域> ] で作成できる。 これに対して、点がパス内にあるか否かを表す真偽値オブジェクトは、どうすれば作成できるだろうか。これを作成するためのコマンドは用意されていないので、…

多角形オブジェクトを用いて、頂点または辺のリストを返す

多角形の名前を poly1 とする。 poly1の頂点のリストは、 {Vertex[poly1]} と表せる。 また、poly1の辺のリストは、 Sequence[Segment[Element[{Vertex[poly1]}, t], Element[{Vertex[poly1]}, If[t ≠ Length[{Vertex[poly1]}], t + 1, 1]]], t, 1, Length[{…

任意の多角形における全頂点の集合の凸包を多角形オブジェクトで返す

GeoGebraでは、任意の多角形オブジェクト(名前をpoly1とする)における全頂点の集合 {Vertex[poly1]} の凸包は、 ConvexHull[{Vertex[poly1]}] で得ることができる。 しかし、この方法で得られる凸包は、軌跡オブジェクトであり、多角形オブジェクトではな…

テキストサイズを取得する

現在、GeoGebraには、テキストサイズを取得するメソッドが存在しないので、自作しました。 引数:サイズを取得したいテキストオブジェクトの名前(string) 戻り値:テキストサイズを表す文字列(string) function getTextSize(objName){ // この関数は、Ge…

polygem

垂線の足を作成するオリジナルツール「PerpendicularFoot」

PerpendicularFoot Tool - GeoGebra 点と直線を選択すると、その点から、その直線に下ろした垂線の足を作成します。

ベクトルの一次結合の係数を求める方法(結論のみ)

ベクトルtargetが、一次独立なvector1とvector2との一次結合 target = a * vector1 + b * vector2 で表せるとする。 このとき、GeoGebraで、係数a、bの値を、点オブジェクト(a, b)の形で求めるために、入力バーに入力すべき数式を、2つ紹介する。 幾何学的に…

関数のグラフ上の整数点をリストで返すオリジナルツール「IntegerPoint」

IntegerPoint Tool - GeoGebra

テキスト描画開始点を返すオリジナルツール「StartPoint」

StartPoint Tool - GeoGebra 構文 CopyFreeObject[ StartPoint[ <基準点>, <テキスト>, <数値> ] ] 戻り値 自由な点オブジェクトを返す。 解説 数値が1のとき、戻り値である点をテキストの描画開始点に設定すると、引数の基準点にテキストの左下が揃います。…

2つの三角形に外接する円

next step

行動を始めるためには、どんなに些細なことでも、「きっかけ」があった方が、気持ちが楽です。 「きっかけ」によって「ルーティン」を呼び出しさえすれば、あとは思い描いた「ルーティン」を、自動運転のように遂行すればいい。 「このチェックボックスをク…

直角三角形への等積変形

点Dを自分の手で動かして初めて、実は答えが2つあるということに気付ける可能性もあります。こういうところに、GeoGebraの魅力があると思います。

テキストのピクセル数と描画開始点

※本記事は書きかけです。 テキストのピクセル数 テキストオブジェクトは、スタイルバーまたはプリファレンスで、サイズを指定できる。選べるサイズは、微小(Extra Small)、特小(Very Small)、小(Small)、中(Medium)、大(Large)、特大(Very Large…

見たら分かる安いやつやん

ここのbutton1は死んでいますか?

画面上の固定された位置に点を作成する

はじめに アプレット画面をパン・ズームしても、画面上の定位置を保持するような点の作成方法をまとめます。 なお、この方法は、前提として、オリジナルツール「PixelCoords」および「PixelPoint」をGeoGebraにインポートする必要があります。これらのツール…

(雑記)できるだけ頭を使わずに結果を出す

思考よりも試行 筆者がGeoGebraアプレットを制作する際には、「思考よりも試行」の精神で取り組んでいます。 絶対うまくいく方法を完璧に思考→それを実行 よりも、 「これでうまくいってくれたらいいな」で試行→「じゃあこれならどうかな」で試行→… の方が、…

角丸長方形

辺の長さの表示/非表示を切り替えるトグルボタン

トグルボタンをONにすると、辺の長さを表示する。 オリジナルツール「ToggleButton」 Toggle Button Tool - GeoGebra 白い点をスライドさせると、true / false を切り替えられるトグルボタンです。 白い点(Bとします)をクリックすることで、true / false …

「最終更新日」と「埋め込みDLアイコン」を登載したブランク・アプレット

下段に最終更新日とダウンロードアイコンが表示された、ブランクのアプレットです。 ブラウザのポップアップブロック機能が有効になっていると、アイコンを押してもダウンロードが行われない場合があります。

Webサイトに埋め込んだGeoGebraアプレットの画面上に、ダウンロードアイコンを設置する方法

ダウンロードアイコンを設置したアプレット(見本) インラインフレームによって、アプレットをブログ等のサイトに埋め込む方法で、GeoGebra アプレットをユーザーに見せている場合には、アプレット画面から直接、ggbファイルをダウンロードするオプションは…

字幕をつける

※前提として、InternalCorner ツールが必要です。 ①テキスト、基準点、基準位置を作成 CapA = (0,0)capText = Text["<字幕にしたい文字列>", CapA] ②点capPを作成 点capPは、字幕を置きたい場所に応じて、以下のように定義する*1。 中段中央に作成したい場合…

ズームしても見かけ上の大きさが変わらない円

テキストの描画開始点を中心としたズーム実行による、Cornerコマンドの描画のずれについて

前提となるアプレットの構成 上記アプレットのように、「画面上の固定された位置」に設定(pin to screen)されていないテキストオブジェクトを用意した。名前をtext1とした。 自由な点オブジェクトEを作成し、「プリファレンス」画面の「位置」タブから、te…

pin to screen されたテキストに枠線を施す小技

通常の場合、テキスト(名前をtext1とする)の枠線を描くオブジェクト PolyLine[Corner[text1, 1], Corner[text1, 2], Corner[text1, 3], Corner[text1, 4], Corner[text1, 1]] は、text1を、「画面上の固定された位置に設定」(pin to screen)すると、表示…

パンやズームをしても画面上の位置が変わらない三角形

パン・ズームを行っても、画面上の固定された位置を保持する三角形です。 普通の三角形と同様、自由に変形ができます。

アプレットの最終変更日時を監視する

機能 アプレットの最終変更日時を監視して、アプレット下段に表示します。 現在のアプレットが、いつ時点のものかを管理する際に便利だと思われます。 必要に応じて表示/非表示を切り替えることもできます。 導入方法 以下のスクリプトを、アプレットの「プ…

ストップウォッチ

n以下の素数の全表示

www.geogebra.org

フィジェット・トイとしての(_・ω・)_バァン…

好きなだけ (「・ω・)「 ⇔ (_・ω・)_バァン… が楽しめるフィジェット・トイです。

(_・ω・)_バァン…

(_・ω・)_バァン…