読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしブログ

Geogebraの使い方、応用など

GeoGebraアート「バック・グラウンド」

2点とオレンジ色の円を自由にドラッグして、形を決めた後、オレンジ色の円をクリックしてください。

しばらくすると、形に応じた模様が描かれます。

 

作業の軸がぶれる癖を克服する!

克服したい癖の内容

Aというテーマについてレポートを書いていると、Pという言葉の意味が分からず、筆が止まった。

そこで、Pという言葉を説明している文献にあたったところ、それはBという別の大きなテーマにおける専門用語であり、Bというテーマのほんの一部分を説明する用語にすぎないことが分かった。

つまり、Pという言葉を、その背景も含めて十分に理解するためには、テーマBについての深い理解が必要であるということだ。

ここで、「レポートの執筆は、テーマBについてしっかり調べて、別の紙にまとめてからにしよう」という思考がはたらく。

テーマBについて紙にまとめながら勉強していると、また別のテーマCにおける重要概念であるQを理解していないことが判明し、テーマBのまとめはいったん置いておいて、こんどはテーマCについて完全な理解を目指そうと、また別の紙にまとめはじめる。

結果、いつまでもレポートが終わらない。

 

克服のために留意すべきこと

テーマAについてのレポートを完成させる限りにおいては、テーマBやテーマCの完全な理解は必要ない。レポート執筆の妨げになっている知識の不足分だけ補ったら、さっさとレポート執筆に戻れば良かったのだ。

テーマBやCについては素人レベルの知識であっても、いったんレポートを完成させることを第一目標に置き、BやCの深い勉強は、レポート完成後に回せば良かったのだ。

BやCの深い勉強によって得られた知見は、いったんレポートを完成させた後に、余力があれば加筆修正すれば良い、といった程度の優先度である。