読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしブログ

Geogebraの使い方、応用など

【ネタ記事】分かってもらう気のない天気予報

今回は、「人に分かってもらう気が全くない天気予報」を作ってみようと思います。

 

重要な発表:JPに属する地域は、西部が覆われる高気圧の中心が前記地域の東部に、位置しているという観測結果を発表しています。この状態は、JPに属する地域の東部にも該当するものとします。

限定された情報:上記の発表において説明の対象となっている地域には、弊社が定める地方を含むリージョン限定取扱(特例)が適用されうるものとします。この適用には、その時間が22日または23日を対象とすることを目的としたスケジューリング限定取扱(特例)が含まれます。

特定リージョンに共通:リージョン特定(前者の特例または後者の特例は含みません)のもとでは、デフォルトステータスのほか、軽度の高湿度現象を観測する可能性があります。

スケジューリング特例の加算:前者のスケジューリング特例のもとでは、高気圧が覆うことにより、ステータスはデフォルトとなります。山間部観測地点での冷気の発見は、後期のステータスに影響されるおそれがあります。後期特例では、前文のほか特定リージョン共通発表に準じるほか、弊社指定区域の地形分類下(陸地および島は含まれません)の波動が観測される場合があります(一般レベル2以内)。

問題解決を先延ばしにする癖と、「自分がかわいい」精神

昼寝をしていたら、夢をみた。

となりの建物から、数人の叫び声が聞こえた。尋常ではない事件が起こっていることが、マンションの3階にあるぼくの部屋からも明らかだった。

声がするのはベランダのほうだ。行ってみると、向かいに住んでいる家族4人が、その建物から逃げるために、こちらに飛び移ろうとしている。

「助けてください!お願いします!」

ぼくは、巻き込まれたくない一心で窓を閉めて施錠し、あわててカーテンを閉めて、むこうから自分の姿が見えないようにしてから、急いで1階に下りて、マンションから逃げた。

夢はそこで終わった。

 

ぼく自身がそうなのですが、与えられた課題になかなか取り組めないとか、やらなければならないと分かっていても着手できないというように、問題解決を先延ばしにして取り組まない選択をしてしまうことはありませんか?巷では「先延ばし症候群」なんて言われていますが、ほんとうに切実な問題です。

 

その根本的な原因は、「自分がかわいい」と考える精神構造にあるのかもしれない。

問題を自分の問題と考えてないんじゃない?できれば他人が勝手に悩んでもらってうまいこと解決してほしくて、問題を自分が抱えて汚れてしまうより、それと無関係に自分は綺麗に生きていきたい、そう思っているんじゃない?

それで、期限が迫ると、やっと自分に非が出てくるもんだから、それを回避するためだけに問題に取り組む。それでも、その問題を解決したいんじゃなくて、要はその問題に取り組んでいないことがバレた場合に自分の立場が汚れちゃうことを防ぎたいという問題を、期限が迫ることでようやく自分の腹に抱えたものだから、それを解決したいと思っているだけなんだ。

与えられた問題をこなすことと、いま腹に抱えた自己中な問題を解決することが、タマタマ締め切りの切迫によって利害の一致をみたから、という動機だけで、問題に取り組んでいるんだ。

 

締め切りが来るずっと前なのに問題に取り組める人って、実はその問題を、自分の問題として腹に抱える気概があるんじゃないかな。解決できていないことを、自身の醜さ、自身の不完全さ、自身の痛みとして考えることができる人なんじゃないかな。

 

ここではっきりとカミングアウトしてしまうけれども、ぼくは、自分がかわいい。

できれば厄介ごとに関わらないで平穏に暮らしたいと思うし、他人が困っていても、その人が頑張って解決すればいいと思っちゃう。なにか課題を与えられても、せいぜい「どうやら社会(という他者)が、この問題の解決を必要としているらしいから、まあ気が向いたら、その解決に手を貸してやってもいいか」くらいにしか考えられない。課題はどうやっても他人の課題にしか見えなくて、自分の腹にあるものだとは、頑として思わない。

ここまで書いて、自分はなんて冷酷な精神構造を持っているのだろうと、嫌気がさす。もちろん常日頃から、思いやりのある心で生きていきたいと考えてきたつもりだ。でも、問題に直面した際の自分の姿勢を客観的に観察する限り、自分の根底にある精神構造は冷酷であるといわざるを得ない。

他人の痛みを自分の痛みとして感じ取り、放っておけない「自分の問題」として、解決に取り組む。そういう精神が根底にあれば、たしかに先延ばしなんて選択肢に出てこないよね。

 

(追記)

言葉で言うのは簡単だけれど、他人の問題を自分の問題として捉えることは、とても難しいですね。的確な言い換えであるかは分かりませんが、我が身可愛さに執着する自分の人格に、その問題に取り組もう・解決しようとする、今までの自分とは異なるべつの存在を「取り憑かせる」という感覚に近いのではないかと思います。

痛みを理解し、解決したいと願う別人格を自分に憑依させる。完全にオカルトの世界になってしまうので、さすがに本文には回せません。しかし、そのくらい切実に考えなければ、「他人の気持ちになって」というお決まりの言葉遊びで終わってしまうような気がするのです。

「眠り」に「人生の有限」を見出すの説

「眠り」という生理現象を通じて、私たちは毎晩、死ぬことへのリハーサルを行う機会に恵まれていると考えるべきだ。

このように考えるのは、人生が有限であるという事実と真剣に向き合うためだ。

 

その日に足りない時間は、夜更かしや徹夜をすることで補えばいい、という考え方は、突き詰めると、死に際にまだやり残したことがあったとしても、なんらかの延命措置を実施して寿命を延ばせばいいじゃないか、という考え方に行き着く。

人生が有限であることを忘れないためには、寝る時間と起床時間をひとつに決めて、寝る時間になったら、一切の例外なく活動を止めて横になり、電気を消して目をつぶっている状態を、起床時間まで維持すべきだ。

そうすることで、「人生を大局的に見れば、もっと時間が欲しいと願ったところで、その願いは一切聞き入れられない」という事実に、真剣に向き合うことができる。

 

きれいな風景を見つけたとき、ろくに見ようともせず写真を撮るだけ撮って、あとでじっくり見返せば良いや、と考えるのは、突き詰めると、別に生きているうちにやらなくても、死んでからやればいいじゃないか、という考え方に行き着く。

人生が有限であることを忘れないためには、今日の夜に眠りに就いた時点で、自分は、その日までにできたこと・できなかったことを思いながら、いちど死を迎えている、と考えるべきだ。「きょうの自分」は死んでしまう。やり残したことがあったとしても、就寝時間がくれば、「きょうの自分」にはもう、それを経験させてやることはできない。

そう考えることで、「人生を大局的に見れば、あとでやると決めることは、それをやらずに死ぬと決めることに等しい」という事実に、真剣に向き合うことができる。