うしブログ

Geogebraの使い方、応用など

GeoGebraで自作ゲーム: "LOGIC" - ロジック -

ハイパー論理ゲーム「LOGIC」

 

ごちゅうい:かなり頭を使うゲームです。

 

あそびかた

赤い玉基本的に「善玉」、黒い玉は必ず「悪玉」です。

最初は、8つの玉すべてが赤い「善玉」からスタートします。

「→」ボタンを押すと、いくつかの善玉が黒い「悪玉」に変わります。

もう一度「→」ボタンを押すと、またいくつかの玉の色が変わります。

こうして「→」ボタンを押していって、8つ全ての玉が「悪玉」になったら、「Stop」ボタンを押してください。ゲームクリアとなり、スコアが加算されます。全5ゲームを行い、高得点を目指してください。

偽の赤玉に注意!

「→」ボタンを押して、黒い「悪玉」が赤くなっても、「善玉」に変わったとは限りません。

「悪玉」が「善玉」に変わるためには、①「→」ボタンを押す前に、隣接する玉が1つでも赤い「善玉」であること、②その黒い「悪玉」が、「→」ボタンを押して色が赤くなったこと、の2つの条件が必要です。

①の条件を満たさずに赤くなった玉は「偽の赤玉」であり、「悪玉」として扱わなければなりません。当然、「偽の赤玉」は、①の条件を満たすために使うことはできません。

実例

 

f:id:usiblog:20161201050237p:plain

初期画面では全て「善玉」です。

 

f:id:usiblog:20161201051136p:plain

「→」ボタンを1回押すと、いくつかの玉が黒くなりました。黒くなった玉は必ず「悪玉」になります。

ここからは、分かりやすくするため、善玉に☆を付けることにします。

 

f:id:usiblog:20161201052220p:plain

もう一度「→」ボタンを押すと、今度は一番左の玉が、黒から赤に変わりました。しかし、ボタンを押す前に、隣接する玉である、左から2番目の玉が「悪玉」だったので、一番左の玉は「善玉」にはなりません。「偽の赤玉」となります。

一番右の玉は、「→」ボタンを押す前から赤い「善玉」で、引き続き赤いままなので、「善玉」です。

右から2番目の赤玉は、「→」ボタンを押す前は黒玉でしたが、そのとき隣接する玉に「善玉」があったため(一番右の玉です)、「善玉」に変わりました。

 

f:id:usiblog:20161201052610p:plain

もう一度「→」ボタンを押すと、色はこのようになりました。

一番左の赤玉は、「→」ボタンを押す前は「悪玉」でした。そのとき隣接する玉である左から2番目の玉は「悪玉」だったので、「→」ボタンを押しても「善玉」に変わることはありません。(もし「→」ボタンを押す前に、左から2番目の玉が「善玉」だったならば、いま一番左の赤玉は「善玉」に変わっているところです。)

左から2番目の玉は、「→」ボタンを押す前は黒い「悪玉」でした。「→」ボタンを押す前に、隣接する玉である一番左の玉は赤玉でしたが、「善玉」ではなかったので、「→」ボタンを押して色が赤くなったけれども、「偽の赤玉」すなわち「悪玉」のままです。

左から3番目の玉は、「→」ボタンを押す前は黒い「悪玉」で、隣接する玉に「善玉」は存在しませんでした。そこで、「→」ボタンを押して色が赤くなったけれども、依然として「悪玉」のままです。

つまり、この時点で「善玉」は0個です。

 

f:id:usiblog:20161201053947p:plain

ここで「Stop」ボタンを押せば、ゲームクリアとなります。クリアボーナスとして最低50,000点以上の高得点が得られます。

 

f:id:usiblog:20161201054254p:plain

「善玉」が1つもないのに「→」ボタンを押してしまうと、バースト(負け)です。

「善玉」がまだ残っている状態で「Stop」ボタンを押すこともできます。その場合には、途中スコアを獲得できますが、クリアボーナスはもらえません。途中スコアは、画面上部に表示される「+」から始まる数字です。

実際のゲームには、玉に「☆」は表示されません。頭の中で、「善玉」がまだ残っているかどうかを考えながら、バーストしないようにゲームを進めてください。

スコア計算

【途中で降りた場合】

「善玉」が残っている状態で「Stop」ボタンを押した場合、途中スコアがそのまま加算されます。

途中スコアは、「→」ボタンを押してゲームを進めれば進めるほど、高くなっていきます。

 

【善玉が消えた瞬間をドンピシャで当てた場合】

「善玉」が1つもなくなった状態で「Stop」ボタンを押すと、ゲームクリアです。

クリアボーナスとして、50,000点か、途中スコアの5倍の、いずれか大きい方が加算されます。

 

【バーストした場合】

「善玉」が1つもなくなった状態で「→」ボタンを押した場合、バースト(負け)です。

ペナルティとして、これまでの合計スコア(画面左上)の半分が没収されます。

 

さいごに

このゲームは、紙にメモをしながら、論理的に考えてあげれば、100パーセントクリアできます。それでも、かなりの頭の体操になると思います。

また、紙を使わずに頭の中だけで考えて、記憶力と暗算力の限界に挑戦してみる、という楽しみ方もできると思います。

ぜひ遊んでみてください。