うしブログ

うしブログ

趣味で運営する、GeoGebraの専門ブログ。

(作業メモ)StartPoint要検証(2行の場合;テキスト変更時未定義問題)

RGB値を1つのパラメータで表し、オブジェクトの色をカラフルに変化させる方法

ここでは、1つのパラメータを使って、オブジェクトの色をカラフルに変化させるための、「動的な色」オプションの設定方法を紹介します。

f:id:usiblog:20180406084408p:plain

 

 

以下では、例として、下記アプレットのように、三角形ABCの色を、0〜1のパラメータtを動かすことで、カラフルに変化させる方法を説明します。

 

数値オブジェクトtを作成する。

数値オブジェクトr, g, bを、以下の定義により作成する。

r

If[0 ≤ t < 1 / 5, 1, 1 / 5 ≤ t < 2 / 5, -5t + 2, 2 / 5 ≤ t < 3 / 5, 0, 3 / 5 ≤ t < 4 / 5, 0, 4 / 5 ≤ t ≤ 5 / 5, 5t - 4]

g

If[0 ≤ t < 1 / 5, 5t, 1 / 5 ≤ t < 2 / 5, 1, 2 / 5 ≤ t < 3 / 5, 1, 3 / 5 ≤ t < 4 / 5, -5t + 4, 4 / 5 ≤ t ≤ 5 / 5, 0]

b

If[0 ≤ t < 1 / 5, 0, 1 / 5 ≤ t < 2 / 5, 0, 2 / 5 ≤ t < 3 / 5, 5t - 2, 3 / 5 ≤ t < 4 / 5, 1, 4 / 5 ≤ t ≤ 5 / 5, 1]

三角形ABCの「動的な色」オプションで、赤にr、緑にg、青にbを入力する。透過率は任意。

これで、tを0から1まで動かすと、三角形ABCの色がカラフルに変化するようになる。