うしブログ

GeoGebraの使い方、応用など

(ひとことコメント)「基本的な使い方」更新作業中(2018.7.7)

(パンくずリスト整備状況)011解答まで済(2018.5.29)

操作位置取得_完全版

GeoGebraで、PCでのクリック、ドラッグ操作;タッチデバイスでのタップ、スワイプ操作が行われた位置を取得します。

ダウンロードは下記URLから

操作位置取得_完全版 - GeoGebra

 

作り方

・数値オブジェクトr_x, r_yを作成する。さしあたり、値は何でも良い。

・グローバルJavaスクリプトに、下記リンク先にあるスクリプトを記述する。

 

・点オブジェクトPを、以下の定義によって作成する。

P = Corner[4] + (r_x Distance[Corner[1], Corner[2]], -r_y Distance[Corner[1], Corner[2]])

・四角形Polygon[ A,B,C,D ]、自由な点Qを作成する。さしあたり、形や座標は何でも良い。

・r_yのOn Update ハンドラに、以下を記述する。

UpdateConstruction
SetValue[Q,P]

・Polygon[ A,B,C,D ]のOn Update ハンドラに、以下を記述する。

UpdateConstruction
SetValue[Q,Translate[Q,Vector[Corner[4],A]]]
SetValue[A,Corner[4]]
SetValue[B,Corner[1]]
SetValue[C,Corner[2]]
SetValue[D,Corner[3]]

・Polygon[ A,B,C,D ]の色を白にして、透過率を5%にして、レイヤーを9にする。

・リストオブジェクト{x = x(Q), y = y(Q)}を作成し、色を赤にする。レイヤーは9未満にする。