うしブログ

うしブログ

趣味で運営する、GeoGebraの専門ブログ。

(作業メモ)StartPoint要検証(2行の場合;テキスト変更時未定義問題)

多角形の辺上・内部にある格子点(とその数)を返すツール「LatticePoint」を配布します。

f:id:usiblog:20180210184950p:plain

GeoGebraで、多角形の辺上・内部にある格子点、およびその数を返す、オリジナルツールを作りました。

 

ツールの導入方法

①下記のリンクから、ggtファイルをダウンロードします。

 

Lattice Point Tool - GeoGebra

 

②GeoGebraで、ダウンロードしたggtファイルを開きます。

 

ツールバーの右端に、「格子点」ツールが表示されます。

f:id:usiblog:20180210185523p:plain

表示されない場合は、「ツール」メニューから「ツールバーのカスタマイズ」をクリックして、下記の画面から「格子点」ツールを選択し、「<挿入」ボタンを押してから、「適用」ボタンを押すと、ツールバーに「格子点」ツールが表示されるようになります。

f:id:usiblog:20180210185736p:plain

 

これで、本ツールが使えるようになりました。それ以降の新規GeoGebraウインドウでも本ツールを使用したい場合には、「オプション」メニューにある「設定を保存」をクリックしてください。これを行わないと、本ツールを使いたいその都度、①〜③を実行する必要があります。

f:id:usiblog:20180210173303p:plain

 

ツールの使用方法

ここでは、「格子点」ツールの使用例として、三角形の辺上・内部にある格子点を作成し、その数を返す方法を紹介します。

 

「格子点」ツールを選択し、三角形をクリックします。そうすると、三角形の辺上・内部にある格子点が、それぞれ赤い点、青い点として作成されます。

さらに、三角形の辺上の格子点数と、内部の格子点数を表す、2つの数値オブジェクトが作成されます。下図では、辺上の格子点数を表すものとして、数値オブジェクトeが、内部の格子点数を表すものとして、数値オブジェクトdが、それぞれ作成されています。

f:id:usiblog:20180210190128g:plain

なお、多角形の名前がpoly1であるとして、入力バーに、

LatticePoint[ poly1 ]

と入力することによっても、同じものが作成できます。