うしブログ

Geogebraの使い方、応用など

オブジェクトの見出しを変更する方法(再生・停止・再開ボタンの作成を通じて)

以下のような再生・停止・再開ボタンの作り方です。

 

ボタンを押すと、アニメーションがスタートし、ボタンの見出しが「停止」に変わります。もう一度ボタンを押すと、アニメーションが停止し、ボタンの見出しが「再生」に変わります。

Pが赤い点(Goal)に到達すると、アニメーションが停止し、ボタンの見出しが「もう一度」に変わります。

この状態でボタンを押すと、Pが青い点(Start)に戻り、アニメーションがスタートし、ボタンの見出しが「停止」に変わります。

 

前提となるオブジェクト

f:id:usiblog:20160604212149p:plain

数値m:ボタンの機能を振り分けるためのパラメータ。

点S:(0,0)で固定

点G:(7,0)で固定

線分a:Segment[S,G]

点P:Point[a]。アニメーションの速度の設定で「増加(1回)」を選んでおく。

button1:再生・停止・再開の各機能を担当させるボタン。

 

スクリプトの概略

再生・停止・反復は、mの値で切り替える。

 

最初:m=0、button1の見出し「再生」、アニメーション停止

 

停止状態から再生

m=0のときにbutton1をクリック:mを1に変更、button1の見出しを「停止」に変更、アニメーション再生

 

再生状態から停止

m=1のときにbutton1をクリック:mを0に変更、button1の見出しを「再生」に変更、アニメーション停止

 

PがGに到達→反復

PのOn Updateスクリプトとして、P==Gのときmを2に変更し、かつbutton1の見出しを「もう一度」に変更する

m=2のときにbutton1をクリック:mを1に変更、button1の見出しを「停止」に変更、Pの座標を(0,0)に変更、アニメーション再生

 

スクリプトの詳細

button1の、On Clickスクリプト

f:id:usiblog:20160604213605p:plain

 

Pの、On Updateスクリプト

f:id:usiblog:20160604213722p:plain