うしブログ

Geogebraの使い方、応用など

リスナーさん質問:複素数平面の問題

f:id:usiblog:20150412220030p:plain

 「極形式複素数同士を掛ける」という操作の、図形的な意味から考えましょう。

f:id:usiblog:20150412235252p:plain

 

f:id:usiblog:20150413001018p:plain

f:id:usiblog:20150413004053p:plain

f:id:usiblog:20150413004100p:plain

f:id:usiblog:20150413004125p:plain

 

f:id:usiblog:20150413010639p:plain

※ちなみに

f:id:usiblog:20150413012001p:plain

f:id:usiblog:20150413012010p:plain

 

※さらに別解

f:id:usiblog:20150413014829p:plain

f:id:usiblog:20150413014458p:plain

 

f:id:usiblog:20150413014506p:plain

※三角形の合同を用いた方法もありました。

太線の2つの三角形は正三角形です。

斜線を引いた三角形は合同(2角夾辺相等)

f:id:usiblog:20150413020948p:plain